心療内科

発症してから25年。長い付き合いです。心療内科と言う名の医院に通うようになって20年たっただろうか。今の心療内科で4件目。ここは私と合わないな・と感じたのは1件です。あとは同じ医院に通うのが長く先生からの「早く寛解していきなさい。」という圧を私が勝手に感じてしまい新しい医院を探すことになったということです。3件とも良い先生です。今はそのうちの1件とお世話になっているのです。そんな中でここ1ヶ月近く、鬱にはまり込んでしまっています。苦しいものです。

このような時期にショッキングな事件を知りました。

知能障害と精神障害を持つ青年が自殺をしたというテレビからのニュースでした。原因は青年の住む団地内の集団や地域社会福祉のコーディネーターからの圧力というところでしょうか。事実関係がニュースからなのでどちらが悪いのかはっきりと言うべきではないと思うのですが……。普通?の方々の知識のなさと理解のなさ、想像力の欠如でしょうか。とにかく発信することが必要だとつくづく感じました。私は彼程の苦しみかどうかは比較できないけれど私自身の病気を発信したいなぁと思いました。

今、休んでいますが私はボチボチと作家活動をしてます。そんな中で少しでも発信性のある事をしてゆきたいです。

#象のマナ・ロバ

心の病

又、厄介な鬱がやってきた。私の場合は双極性障害Ⅱ型なので振れ幅は激しくないらしいけれど。今回はどうも辛い。朝、目覚めると寝ていたい・起きなければの葛藤で胸苦しくなる。仕方ない。しばらく鬱と付き合わないと……。

私の知人は完全な鬱病でご主人の話を聞くと人形のように動かなくなるらしい。彼女は入院するのだが。

こんな人間もいるのです。仕方がないけど苦しい。しばらく委ねよう。

#象のマナ

心が楽しくなりたい。

いつも肩に力が入って、心はハタハタとしている。ハタハタ?しんどい・緊張・。そう!リラックスしてないなぁー。何か気になる情報に影響されてる。周りの目ばかり気にしていて大切なものを集中して見てないんだ。何でこうなってしまったのかな。いつから?ピュアになれない私達。

種子の帽子

映画

コロナ禍の中でエンタメ界もなかなか大変らしい。映画も然り。2020年2021年そして今年2022年上映出来ずにアマゾンプライムとかに流れてきてるのが多いということがあるのかなぁ。ミニシアター系の映画なんかはどうなんだろう。私はもっぱらアマゾンプライムとレンタルなのだけれど。そんな中で心に残った映画。

「魔女と呼ばれた少女」戦争、アルビノ?魔術。たくましさ怖くて悲惨で息苦しさでシュール。

「スーパー・ノヴァ」男同士のパートナー、認知症。風景があまりにも美しく切なく物語を追っかけて二人の苦悩が切なくて。生きることはナントモイエナイ苦しいけど委ねるしかないことで、幸せを感じたい。コリン・ファースとスタンリー・トウッチの二人の中年?俳優の気持ち悪くないラブ・ストーリー。

いっぱい映画観ててどれも面白くて良い。そんな中で、こりゃあたまらん!と思う映画に時々出会える幸せ。

大切な身体・脳

昨日(1/12)は耳鼻咽喉科、ジム、スーパー、昼食にパン、銀行と郵便局、スーパー、帰宅。そしておやつ。ウン?!!なんか疲れてるーと感じて寝た。トイレで目を覚まして体を起こすとナンダ!!すごい耳鳴りと頭のグラグラ感。これはヤバいのではないか。落ち着いて静かに静かに……。病院行きかなぁと不安を感じながら河野におにぎりやらウインナーやら…で晩ごはんを作って貰った。感謝ー!落ち着いてきたしご飯もしっかり食べた。大丈夫かな。目眩なのかな。17日はお医者様の予約が入っているので、話そう。

ジムは誘惑が多い。私は身体が軟弱で固くて本当に疲れやすい事を忘れて頑張ってしまう。やはり人の目を気にして自分の体を見ていないんだ。大切なところを見なきゃ。そこんところしっかりしろ!シゲコ。

#吟遊詩人 安藤忠雄所有のはず?

展示会

今年は2箇所で展示会、そしてグループ展が今のところ2箇所、そして嬉しい事に年末に素敵な作家さん達とのコラボ。素敵な作家さんが本当に出品したら嬉しいのだけれど。

私の体調やバランスの崩れを感じているので大きな展示会は休むことにした。一昨日(12日)挨拶に伺い快く了解してくれた。再来年に復活かな。もう一箇所は既にお断りをした。身体を休めて鍛えてもう少し頑張りたい。グループ展は負担が少ないのでリハビリ程度に頑張るつもり。そして年末はこれから先に向けて頑張りたいなー。1点でもOKということなので。

展示会のやり方を考えるより何が創りたいか。人の目より良い作品を創ることを見なければ駄目なんやわ。

#ドローイング
#ナニデモナイいきもの

ドローイングの形を立体にした。

作品

2019年11月に三重県伊賀市での甲との2人展で沢山の人に作品を購入して頂きました。遅くなってしまったけれど改めて感謝しております。

私の手元に存在しなくなった作品をまとめておこうと思う。

天使シリーズ
天使シリーズ
ドラゴン
#吟遊詩人
ヨナの祈り
#甲冑天使
#ドラゴンと少女
明るさの天使

まだ写真を整理できていないので次回のブログで。

完璧に整理したくなるのだけれどもうABOUTでいいのじゃないか…と(全ての物事において)そうするのが精神的コントロールだ。

少し元気かなぁ。

年末に甲と「かたつむりミュージアムラセン館」の沖縄博物館での巡回展の準備とかたつむり観察等を目的に沖縄に行った。沖縄行きは半年前辺りから行くことに決めていた。ただ私は乗り物人混みが駄目な人なので不安が募っていた。そんな中、膝を少し痛めた。正座するのも痛い感じ…。そして今度は胃カメラで検査したほうが良いと医者に言われる事があった。膝と胃に悪いもの?なんてこと!!膝は少し前にジムに通い始めていたので少しづつ鍛えている。整骨院が結構良いかも。それから胃カメラは拒否してCTで検査した。大丈夫だけどナントモイエナイ。

そんな中、沖縄行きを決行した。脳に加えて膝と胃の不安が増え返って不安が分散されたのか飛行機も滞在している時も調子が良かった。パニック障害も双極性障害も少しマシになっているかもしれない・と感じている。あ~何が起こったとしても心と体が穏やかでありますように心より祈ります。

2019・12/27

かたつむり展
私が見つけた死骸
半分化石

やはり少し休もう

人形の公募で審査を務めさしてもらったとき私が賞に選んだ青年のInstagramを見た。私の感性に響いたし、完成度も高い。彼は既に人形展に誘われて展示会デビューしていた。何点かの作品を見た。私の少し前の作品と似てると感じた。けれど私より上手いと思った。技法が違うので彼の作品はアウトラインがはっきりしてるのだろうか。フィギュアぽいのかな。何よりも若さと勢いを感じた。来年は休もうと決めている私は本当に休むべきと思った。身体と心のバランスがなかなか取れなくて体力や免疫力も更に落ち、やる気が出ない。こんな状態で何が生み出せるのだろう?創る事ではなくて創らない事で苦しみ足掻こうと思う。40歳で心のバランスを崩し乱れたまま突っ走った結果、本当に私は心を病んでいると改めて確認した。この病気が寛解する自信はない。けれど「変えられるかもしれないよ!」ともう一人の自分が私にメーセージを送っている。

私は青年に「頑張って下さい。」とメッセージを送った。彼は「人形に縛られずに作品を創っていきたい」と返事が来た。そして人形作家では無く造形作家と立ち位置を記していた。これは私の今迄の略歴に記しているものと同じだった。私の子供の様な年齢の青年。良い仕事をしていって欲しい

私も諦めない人生を送らないと、この命がもったいないと思いつつ私の症状が私の大切な時間を減らす。けれどこの起き上がれない時間を貴重だと思おう。私はよく耐えていると褒めよう。

私のパートナーには私と同じ位の辛さを与えていると思う。ただお互い様のようにも思う事にしている。考え方の違う人間が一つの家に住む事は喜びもあるけれどストレスもたまる。

もう一人の私が私自身を眺めて癒やしてコントロールしていくしかない。

もう一人の私が私を観察する。

マインドフルネス

コロナで世の中がザワザワし始めた頃、以前から気になっていたマインドフルネスを実践している。心療内科では取り入れている所も多いのかもしれない。瞑想に以前から興味があったのでそれとともに日々心地よいのかなぁ?と思いながらも1日の始まりのルーティーンとなっている。好きなお香を焚いて。

最近かなり癒やされているヨガ講師の動画と出合い嬉しい。飽き性の私はいつまでその講師のファンでいられるかなぁ。続きますように。

ええかもしれへん。

#マインドフルネス
「もうひとりの私が私
を静かに見守る」